« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月22日 (土)

20年

北海道に初めて来たのが20年前の7月
24歳の誕生日の前だった。23歳。
若くて気が強くて、何でも出来る大丈夫だと、自分に自信があった。
でも北海道に来てすぐ、それは大きな慢心だと思い知らされることになる。

親から遠く離れて暮らすことの心細さ
友達も親戚もいない
自分の証し、生きた証明がない、刻んだ歴史がない感覚
後ろ盾のない不安感

自分の傲慢さと非力さを嫌という程感じて引きこもった
失敗した
心から後悔した
帰る事はできなかった。だから毎日お酒を飲んだ。
500の缶ビールを7本、ワインを1本、そこからブランデー
泣きながら夜、外を歩いた。でも誰ともすれ違わない。誰も私に気付く人はいない。
死んでもいいやと、自棄になった事が一回。後にも先にもあの一回。
町はいつも灰色に見えた。

給食センターで働くことになってから、生活リズムがつくようになった。
働いたお給料は一度も使わずに貯めておいた。
人の感覚も違うし、嫌な気持ちになる事ばかりだったけど、
それは私が若かったから
職場の人は皆親切で色々教えてもらった。
少し安定してくる

でも、この足元の落ち着かない嫌な感覚がいつもあった
子供を産んだら落ち着くのかなと思ったのに、子供を産んでも気持ちは不安定で
余計に訳わからない不安感は膨大になっていた。
子供はスクスクと成長しているのに
いつも怖くて、欠けた気持ちが充足される事はなかった。

足元がおぼつかない、地に足がついている感覚がない
いつも不安な気持ちがあった

自分に自信がなかったのだと思う。地に足がついている感覚がないという事は。
自他から肯定してもらえないというのは
辛い事なのだ。とてもさみしい事なのだ。

自分のお店を持つのは私の子供の頃からの夢だった。
子育て中は制限があるけど、
その中でもやれる事をと、少しずつ動き出していった。
自尊感情を取り戻すためには
自分が大切にして来た事を行う事が大切なのだ

苦しいことや傷つく経験は大切だ
喜び楽しさが倍加する
傲慢を謙虚に転換させるために必要で、自戒するためになる。

長女を妊娠したとき
私もお母さんになれるのだと
心の底から嬉しかった。娘は私の恩人だ。
喜びも不安や苦しみ、悩みを生むけど、子供は色々教えてくれる。
人を育てるなんて、本当に大変なことだ
生きている間は、ずっと子育てで、ずっと勉強させてもらえるのだと思う。

娘が15歳になって
高校生になって
美しく成長したその姿を見れた時、
私は一つ満足した。

まだまだこれからだけれども、
一つの節目に立って、

心の底から充足する気持ちがあった。

そして
20年の北海道の歳月は
確実に
生きた証と歴史を刻む事が出来たのだ
知ってる人が増えるのもそうだけど、
スイーツクラブでは8年間も、私に付き合ってくれる人がいてくれた

新しく仕事を始めても、素直に一生懸命に、大切に取り組む事が出来た


こういう事が
とてもありがたいことなのだと
私だからこそ、
その貴重さが、大切さがわかるのかも


20年かけて
地に足がつかない不安感は無くなっていった。


そんなことも、私は子供に話して聞かせる事が出来る


生きてる間に、この大切な玉を集めていく事が、
生きる目的と意味なのかな


生きるって感動する事

|
|

2017年4月 3日 (月)

また少しお休みさせていただきます

スイーツクラブに参加するのが楽しみだと言ってくれる皆様

私にとっては、そんな皆様のおかげで、続けてこれました。

ダメなところが多く、反省ばかりですが、毎月毎月、皆さんから教わることが多いです。

今年度も、はりきって頑張るぞ!と思っていたのですが、

やはり、あれもこれもは出来ないもので

今年度、また少しお休みをいただきます。

長女のときもそうでしたが、今年は長男が受験生でして

母としてのサポート、務めが必要な時期でした

ちょっとまたお休みしますが、

またいろいろと勉強してきます。

しばらくこのブログもお休みしますが、使い方がわからなくならない程度にたまにつぶやきをアップするかもしれません。

息子に

『辛いと思うときほど、超努力をするのよ!』

なんて偉そうに言いましたが

それは自分のことでした

“超努力”

今年の目標に付け加えます。

(といっても43にもなると、なかなかね、持続力や継続力や集中力がね、・・・言い訳ばかり増えるんですよね・・・言うのは簡単。行動が全て。)

頑張ります!(^-^)/

|
|

4月スイーツクラブ

4/1、スイーツクラブを行いました

2017


2017_2プリンとスコーンとフィナンシェの3種類

1グループ3人で製作してもらいました。

共同で製作というのは初の試みでした。

こういうのも、ありかな~

もっとこうしたら良かったか、あーすれば・・・

反省はいつもありますが

簡単に作れて美味しいお菓子

またお家でも作ってみてください。

私はこどもに送るのと、ご近所に配るために、レッスン終えても何度も作ってます。


|
|

2017年4月 2日 (日)

三つ子の魂

まだ私が小さかった頃

私は1歳の頃から記憶が残っているのだが

母は料理上手で、色々美味しいものを作ってくれた

母がもち米肉団子を作ってくれたのだが、それがとても美味しくて

『おかあさん、とても美味しかった! また作ってほしい』

そう私が母に言ったら、母がとても嬉しそうに笑っていた

幼い私は、そのことにとてもびっくりした

私がとても嬉しいのに、それを見て母はとても嬉しそうにしている

私が嬉しくて、あなたにありがとうと思うのに、あなたが嬉しいなんて

不思議だった、びっくりした

1歳の頃の記憶というのは

黒い電話の横に私はちょこんと座っている

母は電話口でとても嬉しそうに話しをしている

『そう、生まれたの!名前は○○というの・・・』

電話口で母はとても嬉しそうだった。母の弟から長男が生まれた報告の電話だった

私はそれを横で、ふむふむと聞いていた

お正月、着物を着ていた母はとても嬉しそうだった

私はいつも母の傍にいて

母の嬉しそうな表情や雰囲気を感じて成長してきた

母が敷いてくれた布団はなぜかいつも温かくて、母が布団を敷いてくれたときはいつもとても気持ちよく眠れた。

自分で敷いたふとんでは、そんなふうに温かくならないのに

こども心にそれはいつも不思議だった

私の二人の子供がね

『お母さんの作ってくれる料理が、やっぱり一番だ』

と言ってくれる

僕の(私の)ことをよく考えて作ってくれていたのがよくわかったと、

そんなふうに言ってくれた。愛しい大切な子供たち

私は、幼いころに母から教わった不思議なことを

いつも心に置いて

こども達に、ご飯をお菓子を作ってきた

二人とも、素直でとても心の優しい子に成長してくれた

父にも、母にも

感謝しかない。感謝ばかりだ。大切なことをどれだけ教えられただろう

それは

母の父の、

とても嬉しそうな笑顔だった

“私が嬉しいのに、それを見てあなたはとても嬉しそうに笑っている”

|
|

« 2017年3月 | トップページ